2008年03月29日

さくら

サクラ.jpg

 早朝から花見に出かけました
 
丘の上に広がる近所の公園では
満開のさくらが出迎えてくれます

すがすがしい朝の空気と
花見客でにぎわう前の静けさの中
薄ピンク色の並木を時間をかけて歩きました

呼吸とともに
桜という花の存在を肌で感じると 
その淡いピンク色が
胸のあたりに作用しているのがわかります

こみあげる切なさや懐かしさとともに
一種のすがすがしさを感じるのは
そのピンク色が
限りなく白に近いせいかもしれません

意識さえすれば
癒しの瞬間はどこにでもあります

早起きをしたおかげで
素晴らしい時間を過ごすことができました

ちょうど 我が家に里帰りしている
ブレスレットたちも一緒に連れて行きました
再び飛び立てる日は もうすぐそこです!

ひわまりの休息3.jpg 
また君と
歩きたいから
今はただ
羽を休める
花びらの上
 
写真はアメジストの上で休息中のブレスレットです
  
posted by kaoru at 13:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月28日

しずく

しずく.jpg

ちょっといびつな形がかわいい
水晶をワイヤーでラッピングしてみました
   
試行錯誤を繰り返し
仕上がってみれば
まるでしずくのよう・・・

そっと置いてあげると
ちゃんと自立するんですよ
 
一応 ペンダントトップのつもりで
作成したのですが
お気に入りのオブジェになってしまいました

一滴のしずくが
波紋を描くように
愛としあわせが
広がっていきますように黒ハート

 
posted by kaoru at 16:34| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

ライトアメジスト

ライトアメジスト.jpg
   
単発のジュエリー講座で
ライトアメジストとシルバーパーツを使ったブレスレットを
作成してきました

なんともみずみずしく
やわらかなこのライトアメジストは
おだやかな
春のまなざしのよう

帰り道
パープルのスイートピーが
左手首で微笑んでいるようで
何度も微笑み返してしまいました
 
雪解けの
音を頼りに
歩き出す
ためらわないで
わたしは光
 
posted by kaoru at 17:33| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月01日

天使の羽

てんしの羽.jpg
   
昨日の朝のことでした
モップがけをしようと
寝室に足を踏み入れたとたん
ほんの 一歩先のフローリングに
目がくぎづけになりました
 
なんと・・・☆
   
そこには
ひとひらの羽が
舞い降りていました
 
羽根布団やダウンジャケットから
こぼれおちたものとはちょっと違うようです
  
外から舞い込んだのかな・・・
  
あたりを見回しましたが
まだ 掃除を始める前の
その部屋の窓は 閉じられたままです
 
外出したときに
密かに まとわりついて来たのでしょうか・・・
   
どちらにしても
わたしにとっては
もう
天使の羽です☆
  
そういえば
少し前に
こんな言葉を綴りました
  
讃美歌が
みちびく僕の
つめたい手
背中の羽が
生えかわる夜
  
もしかすると・・・
  
ぽろりと落ちた古い羽
それとも・・・ 
 
新しい羽のひとひらでしょうか
 

 
posted by kaoru at 14:04| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月31日

ターコイズ

ターコイズ.jpg
  
神様が
描くキャンバス
永遠の
トルコブルーに
白い恋人
 
カット入りの小さなターコイズをいっぱい並べて
然アマゾナイトの水色と
ムーンストーンの浮雲をひとつ
 
昨年のブルームーンの日
めぐりあったターコイズとアマゾナイトが
ようやく形になりました

トルコブルーの空と
白い浮雲は
永遠の恋人たち 

ほがらかな
神々の歌が聞こえてきそうな・・・
そんな心躍るブレスレットに
仕上がりました
 
おそろいで首元を飾る
チョーカーも作りました
身につけると
軽やかな ときめきのメロディが
わたしを 包みこみます
 
ターコイズ チョーカー.jpg
続きを読む
posted by kaoru at 14:07| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月17日

エルドラド

指輪とスモーキークォーツ.jpg

 
元日には初日の出をおがみ
帰省の帰りには富士山の姿もバッチリ☆
輝かしい2008年の幕開けでした

風の吹くまま 気の向くままに・・・
流れに身を任せると
思いがけない出会いの祝福に包まれます
 
なんとか形になった
インカローズの指輪
(飯島みどり先生の通信講座の課題作品です)
 
彼女が選んだ指定席は
窓辺のサイドボードで我が家を見守る
スモーキークォーツの頂き
 
実はこのスモーキーちゃんは
初日の出を拝んだその日に
私のところにやってきたつわものです黒ハート
 
わたしの潜在意識に深く深く
語りかけてくれることでしょう
 
それにしても
インカローズとスモーキークォーツ
ほんとうに良くお似合いのおふたりです

・・・どこかの星に不時着した
宇宙人にも見えたりしてたらーっ(汗)
 
夜明け前
風をつかまえ
エルドラド
東の果てに
昇る太陽
 
posted by kaoru at 00:50| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月08日

花とゆめ

CA390358.jpg
 
ほらここに
愛のゆりかご
花とゆめ
風を感じて
あなたと生きる
 
ローズクォーツのペンダントトップです
ワイヤーでラッピングしてみました
(飯島みどり先生の通信講座 課題作の練習です)
 
親ゆび姫が
花びらのゆりかごで
お昼寝しているみたい☆
 
まだまだ練習中のワイヤーワークですが
あんまり愛らしいので
その寝顔をこっそりと・・・
 
新しい命と
風を感じて歩いてみたい

そんな想いをこめて
新月の宙に
ふたつめの願いを放ちます
 

  
posted by kaoru at 23:15| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夢のつばさ

song_of_angel.jpg
 
ようこそ!2008年☆☆☆
七色の風に乗って新しい年がやってきました

どの人の窓辺にも
七色の風が流れ込んでいます

その風に飛び乗るときか
羽を休めて夢をあたためるときか・・・

どちらも大切な選択

今年も
あらたなる扉がたくさん開きそうです
 どうぞ本年も よろしくお願いいたします
黒ハート
  
いまはただ
宙を信じて
風をまつ
あたためておこう
夢のつばさを
 
新月の宙に願いをこめて・・・
 

 かわいい
画像はウィリアム・ブーグロー「天使の歌」です
posted by kaoru at 12:25| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月18日

雪化粧

071214_maakun.jpg

冬の中禅寺湖を訪ねました

わたしたちが湖畔の宿につくと
粉雪が舞い始めました

翌朝 めざめれば
窓からは一面の雪景色

春には 湖畔を包んでいた
水のメロディは息をひそめ

真綿のような雪が
着飾る元気もない
冬枯れの景色の肩をだいています
 
だまって降り積もる雪の下では
何もかもが ほっと 一息つくのでしょう
やがて来る晴れの日に備えて
 
しんしんと
愛は降り積む
雪化粧
夢追人も
草木も眠る
  
posted by kaoru at 20:30| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月03日

旅だち

ねふぇる.jpg

 
羽を休める
金色の蝶
霧の中へ
飛び立っていく・・・

「雛菊の地平線」という歌の一節です
このところずっとわたしの心の中を巡る
「地平線」のイメージにぴったりなこの歌を
何度も聞いています

天然石をつなぐタイミングというのも
私にとってはとても大切
嫁ぎ先が決まっているブレスレットをつなぐときは
なおさらです

今日はこの歌を聞きながら
新しい旅だちへの風を感じていました

今だ!
と思い立ちある人のために
ネフェルティティをつなぎました

つなぎあがった瞬間
わたしの背後から光が差し込んできました

まるでこのネフェルティティの誕生を
祝福するかのように!

新たなる「飛躍の年」へと旅だつ
その人の背中を押し
その意思を支えてくれることでしょう☆☆☆
 
嫁ぐその日まで
ローズマリーローズという
あなたにぴったりの
バラの側で
羽を休めておきますね・・・
posted by kaoru at 16:21| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月27日

気まぐれ

きまぐれケーキ.jpg

立川に出かけると 必ず立ち寄るお店で
決まってオーダーする「気まぐれケーキ」

トッピングには色とりどりのフルーツ
2色のスポンジの間には
パイ生地と生クリームがざっくりと織り込まれています

フルーツたちの楽しげなおしゃべりが聴こえてきそうな
愛らしいたたずまいに 
あっさりとした軽やかな味わい

出会ってから もう15年もたつというのに
「気まぐれ」と名づけた シェフの遊び心に
毎度 心をくすぐられてしまいます

ひさしぶりにこのケーキを堪能した
今日のわたしのお供は
夏の面影

このところずっとネフェルティティだったのに
今朝 出掛けにふと手にとったのは「夏の面影」でした

もう来年の夏まで
身につけることはないと思っていたのですが・・・
 
 ほんとうに 人の心は気まぐれなもの
でも この「気まぐれ」ということばが妙に気にいっています
 
久々に 「夏の面影」を身につけた今日
もう何年も会っていなかった人に
思いがけず再会することができました

今朝の「気まぐれ」が
まるで 何かを予感していたかのようです

窓際で
君の便りを
待っている
風が吹くとき
わたしを呼んで
    
posted by kaoru at 20:53| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月15日

Next Door

赤いペンダント.jpg
 
阿寒湖のほとりの
アイヌ風のアクセサリー店で出会ったペンダント
アイヌの伝統的なお守りの図柄があしらわれ
裏側にはMASAYO(私の本名)と刻まれています

この日 チェックインしたホテルのロビーで
わたしは「MASAYO」という文字を
まじまじと見つめていました
それはショーのポスターにあった
ある歌手の名前でした
 
そしてその直後 
出会ったばかりのこのペンダントにも
思いがけずMSAYOと刻まれました

いままであまり魅力的とも思わなかった名前だけれど
なんだか「本名」を意識させられるできごとでした


この「本名」が刻まれたペンダントと
ネフェルティティをセットのように身につけるようになってから
また新たなる扉が開いたようです

地平線
見おろす丘で
あなたへの
I Love Youを
風にしたため

posted by kaoru at 19:33| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月04日

青いとり

青いとり.jpg

 
Cocokaraで開催されたことりやMINAさんの
チクチク羊毛体験会に参加してきました
 
丸めただけの羊毛を
専用の針でチクチク チクチク・・・
ふわふわだった羊毛が
卵のような形を帯びてきました

そして更にチクチク チクチク・・・
 
まるで 手の中のぬくもりを形にしてるみたいで
いつまでも チクチクしていたい 至福の時間でした
 
小鳥たちを愛するMINAさんの手にかかれば
卵みたいだった私の羊毛が
あっというまに愛らしい小鳥に大変身
 
小さな赤いくちばしにブルーのボディ

イメージ通りの青いとりができましたるんるん
 
アイアンの
扉を開けて
空に発つ
ブルーバードは
しあわせの使者

 

banner_04.gif
posted by kaoru at 18:28| Comment(14) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月15日

カムイ・トー

CA390095_マシュー南.jpg

 
先日おとずれた
摩周湖のほとりでみつけた
アメジストの原石
その上で寝息をたてるのは
一緒に北海道を旅した「ネフェルティティ
とても気持ちよそうに眠っています・・・
 
周囲を絶壁に囲まれ
簡単には人を寄せ付けない摩周湖
アイヌ語ではカムイ・トー(神の湖)といわれる
その名にふさわしい湖でした
 
そんなカムイ・トーの息吹を存分に浴びた
このアメジストを手に取ると
ほっとして気持ちが安らぎます
ベッドサイドに置くのもよさそうですね

またひとつ
わたしのお気に入りが増えました
  
マシュー湖.jpg
 
 
banner_04.gif
posted by kaoru at 21:45| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月01日

赤い秋

?v.JPG
 
 気温の変化が著しいこのごろ
みなさんいかがお過ごしですか?
 
今日は肌寒く人肌がやたらと恋しい一日でしたが
幸運にも8月末に生まれたばかりの赤ちゃんを
抱かせてもらう機会に恵まれました
まだ首もすわっていなくて 目もよくは見えないそうです
 
蒸したての肉まんみたいに
ほっかほかの赤ちゃんのぬくもりは
豊饒の大地がもたらす
実りの秋につながります
 
もみじのようなちっちゃな手は
まるで宙へのアンテナ
ねえ・・・何が聴こえるのかな?
 
手の中で
生まれたばかり
赤い秋
もみじがふたつ
まぁるく笑う
 
かわいい写真のブレスレットは
花時計です
寒くなるこれからの季節
「赤い石」が身も心もあたためてくれます

 
banner_04.gif
posted by kaoru at 20:03| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月28日

満月

VgVg{.JPG


昨日の深夜 
黄金のお月様の真下を
高速で流れ行く雲をみつめていました

その雲が 劇場にたかれるドライアイスのように
満月の夜をいっそう神秘的に演出してくれます
音など聞こえるはずもないのに
宙は壮大なシンフォニーを奏でていました
 
つなぎあがったブレスレットや
普段からお世話になっている水晶たちも
今宵は月の光に身をゆだねます
 
太陽がまぶしすぎるときも
月の光ならやさしい
どうぞ 漆黒の闇に迷えるときは
わたしたちの行く先を 照らしてください
 
漆黒に
月の女神が
舞い降りて
金のヴェールで
あなたを包む
 
かわいい写真のブレスレットは天使のリボンです
 
 banner_04.gif

posted by kaoru at 12:42| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月20日

アベンチュリン

Ax`.JPG


この夏、美しいアベンチュリンを手に入れました。
比較的安価に入手できる石ですが、
美しい発色で大振りのものには滅多にお目にかかることはありません。
帰省ついでに大阪のショップに足を伸ばしたところ、
思いがけずこのアベンチュリンに出会いました。

アベンチュリンに心を合わせると、
なんともいえない柔らかな波動につつまれます。
素直になって、自分も他人をも受け入れられるよう
やさしく導いてくれます。

インド翡翠とも呼ばれるアベンチュリンは、
緑色にまったく興味がなかったわたしが惹かれた初めてのグリーン。

一年ほど前でしょうか、
ドリーンさんの本の中に登場した「アベンチュリン」が気になって
その日のうちに買い求めたのは小さなアベンチュリンのクロスでした。
その日は、人気のない通りにもかかわらず、
朝から緑色のTシャツを着た人と
立て続けにすれ違うという不思議な日でもありました。

思えば、それ以来、わたしの心に占める緑色の割合が大きくなり、
今ではとても大切な色になりました。
自身が長い間気がつかなかった心の扉が
ようやく開きだした・・・そんな感じです。

banner_04.gif

posted by kaoru at 18:42| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月05日

やさしい石たち

.JPG

 
わたしが初めてつないだ石はローズクォーツとアベンチュリン
ローズクォーツがよく似合う妹へ・・・というのがきっかけでした
天然石ビーズのお店で何気なく選んだのですが
互いのパステル調の淡い色目は
とっても相性の良い組み合わせでした

ローズクォーツ アベンチュリンのやさしい波動は
傷ついたハートを癒すのに向いています
自分にも他人にも厳しくなりがちなときには
彼らを見つめて心を合わせてみましょう
そしてゆっくりと呼吸をしていくと・・・

ほら しだいに心が解きほぐされていきませんか?

物質には何でも その人の持つエネルギーが宿ります
天然石はその影響を素直に受けるもののひとつです
人のネガティブなエネルギーを吸い取るともいいますよね

でも そればかりでは
石たちも疲れ果ててしまいます

せっかくですから 身に着けている天然石が
光り輝くようなポジティブなエネルギーを発していたいです☆


posted by kaoru at 16:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月30日

ブルームーン

gR@A}]iCg.JPG


今日 6月30日は3年ぶりの「ブルームーン」
ひと月のうちに満月が2回ある時 最初の満月を「ファーストムーン」
2回目の満月を「ブルームーン」というのだそうです

今朝 夢の中で出会った美しいブルーのブレスレットウォッチ
目覚めてすぐに今日がブルームーンと知り
今日は何かがある!と思いました

思い立って天然石の買出しに出かけると
カットの入った美しい天然トルコ石と
発色のきれいな天然アマゾナイトたちが
わたしを出迎えてくれました

そして お店の店長から手渡された一枚のチラシには
次のステップへとつながる大切なことが記されていました

美しいブルーでつながった今日に乾杯☆☆☆
雲の向こうのブルームーンとともに・・・
 
posted by kaoru at 22:49| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月10日

湖畔

?????????@???????.JPG中禅寺湖にでかけてきました。平日で人の少ない湖のほとりは静けさが美しいメロディを奏でていました。
湖の標高は高く、取り囲む山々の頂は雲を見下ろしていました。水面には、手づかみできそうな雲たちがおとす光と影。その穏やかな時の移ろいをいつまでも眺めていたい至福のひとときでした。
写真は、今回の旅行にぜひとも一緒に連れて行きたいと思って繋いだ「すずらん」のブレスレットです。すずらん型のビーズを白いシェルにしただけで、以前アップした「すずらん」とはまた違った趣きになりました。
湖のほとりでは、まだタンポポも綿毛も元気いっぱい咲いていました。そして、蝶がこの世の楽園のように飛び交っていました。
せっかくなので、一緒につれていった「すずらん」も湖畔のベンチで記念撮影です。ベンチのそばに咲いていたタンポポとグリーンの葉を添えて・・・。
もちろん、手折ったりしていないのでご安心を☆


posted by kaoru at 12:23| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。